忍者ブログ

半生の反省

日常の手記

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

犯罪者の手記

犯罪者の手記は 犯罪実行後に公にされる

そして報道・分析・鑑定される


メディアでは「そんなごっこ遊びのネタ」になる


僕は1人1人に個性があるというか人類皆変態だと思っている


誰しも人には見せられない状態のときもあるでしょう

僕にももちろんそんな「晒されたくない1人の時だけの顔」があるよ


ただそれを晒されるようなことをしたかどうかでしょう


「裏ではこんな◎◎をする姿が××氏にはあった」

◎◎するから犯罪と結びつくの?

犯罪者も◎◎するってだけではないのか?

頭が悪いから 僕にはわからない


そんな話を昔父親に話したとき、「話のいみがわからない」と反論されたから


殴ったことがある

PR

ひどくわがまま

こんな僕にも ちっちゃなプライドがあって

自分のことを否定されると 相手をずたずたにしたくなる


しないけどさ


そんな僕には ひどくわがままなところがあって

親とか兄弟とか僕が育った昔の家の環境は好きではないんだけれど

その当事者でない人間に悪く言われると そいつをずたずたにしたくなる


しないけどさ

僕が酒をやめたわけ

アルコールを体内にいれなくなって ちょうど1年半が経った

1年半前というと 僕は会社を2年間休んでいて

休職期限ぎりぎりに なんとかリワークプログラムに参加して

リハビリ出勤1か月前に差し掛かったあたりだった


ここで白状をすると

僕は休職中の身でありながら 毎日晩酌をし

「酒は一切断ちました」って顔をしながら

後ろめたい気持ちを隠しながら 裏では舌をだし

真面目ぶっていた下劣なやつであったということ


それは精神論でしかないから現実でいうなら

エビオスやヘパリーゼやスパリブなんかで胃腸をごまかしながら
「毎日ビールの500mlを6缶」を最低は飲んで酩酊しないと寝れない体だった

明らかにアルコール依存症だった

休職原因がメンタル不調であるから そちらの処方箋も当然服用しているので

部屋は崩壊 文字通りのありさまであった



そんな僕であったのだけれど ある出来事があった

2015年3月某日。その日は近くに住む友人と飲みに行って 気分よく酔っていた

2軒目へ行って 帰る時には 記憶がない状態になっていた

帰路はちょうど下りの坂道になっていて 何度も何度もころんだ

胃腸は大丈夫だったから嘔吐はしなかった


少し眠ってしまった 目が覚めて だるい体を引きづって 家につくと ない

財布 鍵を入れていたジャケット 携帯はバッテリー切れ

交番に行っても当然 酒気帯びの人間をまともに相手をしてくれるはずがない

電話を借りて 鍵屋を呼ぶ 財布がないから

金のあてはないのにである


鍵を開けてもらい 支払いができないから 会社の先輩へ電話し金を借りた

給料日まで持ち合わせもない 金を下ろそうにもキャッシュカードはすべて紛失した

1月分の生活費分を借りた 1月3万の返済でOKしてもらった

クレジットカードの請求も近かった 20万円

親にはじめて金の無心をした 当然のことながら 縁を切られた


その日を境に 酒は ぴったりとやめた


熱が39度を超えても飲んでた人間が

腹を下してトイレと部屋を往復してでも飲んでた人間が

3.11震災があり日本中のみんなが絶望感に打たれていた時にも飲んでた人間が

妻が子供の出産前日に腹の痛みを訴えていた日にも飲んでた人間が


酒は摂取することで強制的に逃避へ誘う

現実を逃避したいときもあるけれど 安直に手をだしたくない


酒と私の記録を書こうと思えば いくらでも記せると思うのだけれど

自分のみじめさを晒すだけでなく これまで傷つけてきた人の心境をかき乱す結果にも

なろうかと思うので


僕はアルコール依存症であったことを自覚し 

アルコールの摂取をやめたことを報告し終わりとする



言葉は持たない

後に残せるような 言葉は持たない

振り返ることを前提としない 言葉を吐き出す

後に残せるような 言葉ではない

でも吐き出した以上 痕跡は残ってしまう


言葉を残したくなかったので

誰にも会わず どこへも行かず なにもせずにいた日々がありました



『アナタガキライデス』


僕の心には あなたのその言葉が 今でも残っているんだけれども

あなたが吐き出した その言葉は 僕が吐き出した言葉に対するカウンターなのでした



病気との付き合い

病気について語る機会があるのなら

聞き手に伝えたいことがある

「病気は治ったと言い切れる日が「いつかくる」とは限らない」ということだ


「人間であること」そのものが病気

「病気である」ゆえに「人間である」

「そう」思うときがある


わたしの病気は「躁鬱病」

たぶん一生付き合う病気


「うつ」を治すのは容易い

「そう」であることも苦ではない

浮き沈みなく社会生活に適応して人間として生きていく

それが課題



Copyright © 半生の反省 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
head
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R