忍者ブログ

半生の反省

日常の手記

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

犯罪者の手記

犯罪者の手記は 犯罪実行後に公にされる

そして報道・分析・鑑定される


メディアでは「そんなごっこ遊びのネタ」になる


僕は1人1人に個性があるというか人類皆変態だと思っている


誰しも人には見せられない状態のときもあるでしょう

僕にももちろんそんな「晒されたくない1人の時だけの顔」があるよ


ただそれを晒されるようなことをしたかどうかでしょう


「裏ではこんな◎◎をする姿が××氏にはあった」

◎◎するから犯罪と結びつくの?

犯罪者も◎◎するってだけではないのか?

頭が悪いから 僕にはわからない


そんな話を昔父親に話したとき、「話のいみがわからない」と反論されたから


殴ったことがある

PR

ひどくわがまま

こんな僕にも ちっちゃなプライドがあって

自分のことを否定されると 相手をずたずたにしたくなる


しないけどさ


そんな僕には ひどくわがままなところがあって

親とか兄弟とか僕が育った昔の家の環境は好きではないんだけれど

その当事者でない人間に悪く言われると そいつをずたずたにしたくなる


しないけどさ

言葉は持たない

後に残せるような 言葉は持たない

振り返ることを前提としない 言葉を吐き出す

後に残せるような 言葉ではない

でも吐き出した以上 痕跡は残ってしまう


言葉を残したくなかったので

誰にも会わず どこへも行かず なにもせずにいた日々がありました



『アナタガキライデス』


僕の心には あなたのその言葉が 今でも残っているんだけれども

あなたが吐き出した その言葉は 僕が吐き出した言葉に対するカウンターなのでした



病気との付き合い

病気について語る機会があるのなら

聞き手に伝えたいことがある

「病気は治ったと言い切れる日が「いつかくる」とは限らない」ということだ


「人間であること」そのものが病気

「病気である」ゆえに「人間である」

「そう」思うときがある


わたしの病気は「躁鬱病」

たぶん一生付き合う病気


「うつ」を治すのは容易い

「そう」であることも苦ではない

浮き沈みなく社会生活に適応して人間として生きていく

それが課題



様々なことを乗り越えて

半端であったけど

学校に行ったし

就職はした

結婚をしたし

子供もできたし


離婚もした

人生の分岐点と言われることは大体経験したじゃないか


いまさら何に怯える必要があるんだ

Copyright © 半生の反省 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
head
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R